ニキビ跡の種類に応じた治療方法を知っておく

一口にニキビ跡といってもいろいろな種類があります。

そのため治療を考えている場合はまず自分の今抱えているニキビ跡がどの種類のものかを理解して、その種類に応じた治療方法を受けることが大切です。

ニキビ跡の種類はまず一つ目にクレーターがあります。


クレーターは毛穴やその周辺が炎症を起こすことで真皮にまでダメージがゆき、コラーゲンが破壊された為に皮膚再生ができずに表皮が落ち窪んだ状態となることです。

銀座のにきび治療関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

見た目の凸凹がとても目立つため、審美的にも気にする人が多くいます。

クレーターを解消するには患部のコラーゲンの再生を促すことが重要ですが、自宅でケアを行なって直すことはできないので医療機関で治療を受けることになります。

ニキビ治療の知りたかった情報がきっと見つかります。

医療機関ではレーザー施術でコラーゲン再生作用を促してもらうことで、クレーターを解消できます。
また新しい肌の生成を促すピーリングも有効な施術です。
クレーター以外にも赤みによる色素沈着もまたニキビ跡として多くの人が悩みを抱えばちです。

色素沈着は炎症をきっかけに赤みのある皮膚が茶色のシミとして残ってしまうことで、炎症後色素沈着と呼びます。

色素沈着は自宅でのケアでは紫外線にできるだけ当たらないように注意をしつつ、ビタミンC誘導体入の化粧品やビタミンCイオン導入器などを使って解消することもできます。

医療機関で治療をしてもらう場合は、レーザー施術や医療ピーリングなどの施術で治癒させることができます。



このようにニキビ跡はその症状に応じた治療を受けることが大切です。